スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

卑怯者

今日は、かなり嫌な話をします・・・。
この頃小学2年生の記憶がよく甦ります。
正確に書けば1人の女の子の思いでになるのかな
それは、給食が終わった時間
今から掃除が始まる教室の中での出来事
掃除をする為、みんなが机と椅子を黒板の方へ移動させている場面で
その女の子だけが座ったまま下を向いたままで
みんなも誰一人近寄ろうとしない
その子がどんな顔をしているのかも分からない
女の子はいじめられていたのです。
おやじもみんなの中の一人
机を一緒に移動したり
声をかけてあげたり
いじめをやめさせたり
何もしてあげられなかった
もし、その場面に戻れるなら・・・
いくら考えても、いくら願っても戻れる訳もく
ただただ卑怯な自分が腹立たしい
今更だが女の子の気持ちを考えると心がグシャグシャになる

最近、小学校からの女友達にこの事を喋ったら
女の子は、かなりいじめられていたらしい
あまりのいじめに彼女は先生を呼びに行ったり
いじめてる奴等に「いいかげんにしろ!」と怒ったり
彼女が羨ましい。

この話を読んだ人にお願いがあります。
どんな人にもあいさつだけはして欲しい。
自分の足元にあるゴミは拾って欲しい。
2~3秒の事だけどなかなか難しいことだ
おやじはこれをすることで卑怯な自分が少しでも治る気がしてる
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/01 04:06
コメント

管理者のみに表示
« 独身気分 | HOME | 頑固者 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。